Top >  自然食の調味料とは >  重要な調味料とは

重要な調味料とは

前回は、「塩」について紹介しました。
塩は人間の生命と深いつながりがあるとご理解いただけたと思います。
さて、大豆が原料の味噌や醤油や発酵食品である酒、みりん、酢、梅干などの調味料は自然のサイクルに添って作られものであります。
これらは、こだわりをもっていいものを選ぶことが大切です。
「玄米菜食」は少量で過不足なく栄養を摂取することが出来る大変合理的な食事です。
しかし、日々の生活の中ではどうしても肉や魚を食べたくなったりするものです。
生活していく中でどうしても外食先などで食べることも出てくるでしょう。
このような時には、体の負担を軽くする効果のある献立を後の食事で食べることです。
例えば、肉を食べ過ぎた時には干し椎茸を使ったメニューとかを摂ります。
魚には大根や切り干し大根をとることで、消化が助けられ体の中が中和されるということです。甘いお菓子を食べ過ぎた時は、たっぷりの胡麻と一粒の梅干が効果的といわれています。
ただし病気の改善のため玄米菜食を取り入れている方は、肉・魚・甘いものは厳禁とされています。
健康のためにはじめる玄米菜食です。
慣れるまでは大変でしょうが、根気欲続けていくことでおいしく食べることができると思います

 <  前の記事 玄米菜食に重要な塩とは  |  トップページ  |  次の記事 水と健康とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6305

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。