Top >  自然食の調味料とは >  玄米菜食に重要な塩とは

玄米菜食に重要な塩とは

旬のものと一緒に玄米を食べることは体に良いと説明しましたね。
さて、「玄米菜食」についてですが、「玄米菜食」を実行するにあたって絶対に守らなくてはならないのがあるのです。
もちろん「手作り」ということです。
また、おいしい玄米菜食を調理する際に、食材を生かす調味料は欠かせません。
決め手となるのは塩です。
これは絶対に欠かせないものです。
塩は自然な塩がいいです。
その中でも「粟国の塩」は良いとされていますのでできればこれを使うといいでしょう。
科学塩は食材も傷めてしまいますので避けた方がいいかもしれません。
海水からできる自然塩には、ミネラルがバランスよく含まれているので体に大変良いとされています。
「命は海から生まれた」といわれるほど塩は人間の生命と深いつながりがあります。
しかし、あまり取り過ぎはかえって体に良くないのです。
ですので、適度に使うといいでしょう。

 <  前の記事 旬の野菜が良しとされるのは  |  トップページ  |  次の記事 重要な調味料とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6304

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。