Top >  自然の摂理とは >  主食を見直すことがマクロビオティックの基本

主食を見直すことがマクロビオティックの基本

主食を見直すということはマクロビオティックの基本です。
主食は、1日の食事の半分を占めるといわれています。
主食を変えるだけでも、効果はすぐにあらわれてくるといわれているのです。
主食の基本は、白米ではなく、玄米になります。
ですが、ごはんが好きだという人は白米しか食べない人が多いのではないかと思います。
玄米のイメージとは、固い・パサパサしているなどといった抵抗感があるものではないでしょうか。
そこで、いきなり玄米食を食べようとはせずに、ごはんを少しずつ白米から玄米に変えていくのです。
白米に雑穀(あわやひえ・きび・麦など)を混ぜて食べてみたり、七分つきや五分つきのお米に変えていき、それから玄米に変えるなどと、少しずつステップアップしていくのです。
本来は玄米が基本ですが、慣れないことには続かなくなりますよね。
少しずつ玄米食に近づいていくことなのです。

 <  前の記事 食の効果とは  |  トップページ  |  次の記事 マクロビオティックのおかずをとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6650

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。