Top >  自然の摂理とは >  日本食と豆事情とは

日本食と豆事情とは

現在の加工食品では「国産大豆使用」という表記があっても、それは国産大豆100%とは限りません。
なぜなら、多くの食品が輸入大豆に国産大豆をほんの少しだけブレンドしたものになっているからなのです。
海外からの輸入で懸念されるのは農薬過多です。
農薬の体への影響、つまり「ポストハーベスト」があげられます。
さらに現在では異常気象がもたらす影響も危惧されているといわれています。
地球温暖化など様々な地球環境の悪化に伴うもので、きちんとした食材選びや調味料選びが大変重要となってくるのです。
日本の食料自給率は世界的にみても低く、大豆の国といわれた日本は完全に影を潜めてしまっています。
現在は、洋食やエスニック料理など他国の料理が手軽にどこでも味わえるようになりました。
こういう時代だからこそ、日本の実情を理解し、日本古来の食文化をもう一度見直すべきだと思います。
日本食が健康にいいと思わせるべきだと思います。

 <  前の記事 国産大豆と輸入大豆  |  トップページ  |  次の記事 健康に良い豆とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6635

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。