Top >  自然の摂理とは >  自然食と大豆

自然食と大豆

献立を決めるうえでの食物の選び方や取り合わせ、調理の仕方や食べ方に至るまでのすべての過程で丁寧であるということが生食料理法では大切なことなのです。
生食料理法の食材は、一つのものを丸ごと食べるのが原則となっています。
食材はその季節の旬のものを選び、取り合わせでは材料の相性を考えるのです。
おいしい食事とは、食材がもつ本来の味を純正の味噌や醤油・油などを用いて最大限に引き出して、その相互作用によって独特のうまみと栄養価を高めることが最も大切といえるでしょう。
そして、化学調味料の味でごまかすことなくいただくことが重要です。
生食料理法で調理のポイントになる味噌や醤油、油は大豆から作られます。
大豆は、体にいい健康食といわれていますね。
昔から五穀豊穣という言葉を聞かれたことがあると思いますが、この五穀とは「米・麦・小豆・粟・大豆」でした。

 <  前の記事 自然食は陰陽のバランスも大事  |  トップページ  |  次の記事 国産大豆と輸入大豆  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6633

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。