Top >  自然の摂理とは >  水と食生活

水と食生活

本来、生野菜というのは、日本人にとっては陰性が強すぎて一般的ではありません。
「水飲み健康法」や「生野菜・青汁健康法」といったものは偏った食生活で陽性が強く病気になっている人に限り有効なものであり、血液が浄化され、綺麗で健康になっている人にはマイナスになるものということを理解しなければならないでしょう。
肉や魚、卵といった陽性の強い食生活をしている人にとっては、陰陽のバランスをとるために効果的ですが、「玄米菜食」のマクロビオティック食事法をする場合には、生野菜の持つ陰性は出来るだけ緩和してあげる必要があるため炊く・焼く・煮るなどの火のエネルギーをプラスして陰陽のバランスを図るのです。
「玄米菜食」のマクロビオティック食事法では出来るだけ少ない水で日常を過ごすようにします。
人間の体の約75%は水で出来ていますが、主食であるお米は約60~70%、野菜は約80~90%の水を含んでいるので、それ以上に水を摂る必要性がないということなのです。

 <  前の記事 水飲み健康法とは  |  トップページ  |  次の記事 重要な水の質とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6627

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。