Top >  自然の摂理とは >  玄米の炊き方・・・炊飯器

玄米の炊き方・・・炊飯器

玄米は水加減一つで固くもおかゆのように柔らかくも仕上げることが出来ます。
玄米は水の調整が難しいです。
玄米でおかゆを炊く場合には玄米の7~8倍位の水を入れ、塩の代わりに梅干を用いてもおいしく仕上がります。
玄米のおかゆも健康にいいものです。
それでは、炊飯器を使って玄米を炊く方法を紹介しましょう。
炊飯器で炊く場合には、圧力釜で炊くときよりも吸水時間を長く取ります。
玄米を半日以上浸水させるとおいしくふっくらと炊き上がります。
吸水時間が長いので、冷蔵庫の中においておくのがいいでしょう。
炊く直前に炊飯器の内釜に映しましょう。
水加減は玄米モードに合わせて炊いてみましょう。
すぐれた機能の炊飯器でたく場合は、玄米にこだわったり、玄米に合わせて水加減を工夫するなど心を込めて使いこなすことがおいしく炊くコツです。
玄米が体にいいというのは言うまでもありませんが、美味しくない、炊くのが面倒だと、難しいという理由で敬遠する人は結構多いです。
しかし、工夫次第で、おいしい玄米食を炊くことができます。
圧力鍋で炊くと失敗しない、味も良い玄米食ができます

 <  前の記事 玄米の炊き方・・・圧力鍋  |  トップページ  |  次の記事 一汁一菜とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6301

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。