Top >  自然の摂理とは >  玄米の炊き方・・・圧力鍋

玄米の炊き方・・・圧力鍋

前回、玄米の準備について紹介してきました。
今回は玄米の炊き方について紹介していきましょう。
玄米を炊くときは、圧力鍋、玄米モードのある炊飯器を使用します。
まず、圧力鍋を使っての炊き方について紹介していきましょう。
玄米1に対して、1・2倍くらいの良質な水を用います。
玄米は水をたくさん吸います。
ここでポイントになるのは粟国の塩などの自然塩を一つまみ加えることです。
必ず塩を入れましょう。
玄米はほんの少量の塩を加えることで、本来持っている旨みをより引き出すことが出来きおいしい玄米食ができます。
これはどの炊飯器で炊く場合も同じです。
最初に強火で10分ほど炊くと、中央の分銅がシューシューと音を立てはじめ、圧がかかったことが分かります。
ここで1分ほど待ち十分に圧力をかけてから弱火にします。
ここからタイマーをかけて約25~30分炊き、火を止めます。
気圧が抜けるまで15分ほど蒸らし、安全弁が落ちたら静かに蓋をとり、炊き上がった玄米を上下を返して混ぜ合わせたら別の容器に移しましょう。

 <  前の記事 玄米の準備について  |  トップページ  |  次の記事 玄米の炊き方・・・炊飯器  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6300

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。