Top >  自然食関連 >  旬の野菜が良しとされるのは

旬の野菜が良しとされるのは

玄米とは、よく噛む事で甘みが増して栄養素が十分体に吸収されると紹介しましたね。
また、玄米の皮はセルローズと呼ばれ、腸の運動を促し、余分なものを体外に排出する力となります。
玄米と一緒に食べるおかずの食材は、毎日食べ続けても害にならないもの、その土地の旬の野菜・海草・山菜などをバランスよく取り入れていきます。
四季を通して、旬の野菜やその土地に良い水とともに無農薬で丹念に育てられた野菜は格別です。
安全なものなのです。
例えば寒い土地で育つ根葉は特にみずみずしく柔らかく、雪の下で育つたまねぎ、にんじん、大根などは、甘み、香り、おいしさを感じることが出来る野菜です。
きゅうりやナス、かぼちゃ、豆類など、夏の太陽の光をたっぷり浴びてぐんぐん育つ野菜はまさに旬といえるものです。
このような、旬のものと一緒に玄米を食べることで健康な体作りができるというものなのです。
よく噛むことで体のいろんなところが活性化されます。玄米や旬の野菜は良く噛んで食べることです。

 <  前の記事 一汁一菜とは  |  トップページ  |  次の記事 玄米菜食に重要な塩とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6303

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。