Top >  自然食とは >  日本の伝統食とは

日本の伝統食とは

玄米とはとされていました。
ですが、現在では玄米よりも白米を好んで食べる人が多いのです。
このことは残念に思えますね。
そして、お米は精白の度合いによって味や栄養価に差がでることは知っていましたか?
ここであらためて玄米のパワーを考えてみると、玄米に含まれているナトリウム、カリウムのバランスは人間の細胞に近いもので、1:5となっています。
また、玄米に含まれるフィチンという物質は、体内に蓄積した有害物質を排出する効果があることも分かっています。
白米は血糖値を急激に上昇させますが、それに比べて玄米は血糖値の上昇も緩やかです。
病気をなくし、健康を維持するための食事として、玄米食が注目されているのです。
玄米は、籾殻をとっただけのものです。。
そして3分づき、5分づき、7分づき、胚芽米、白米の順に精白度が高くなります。
精白度が高くなるということは、それだけお米に含まれるミネラルなどの成分が減少してくのです。
ナトリウムやカリウムのバランスも悪化してきます。
玄米は土に撒いても芽が出てきますが、白米は腐ってしまいます。
それだけ玄米の中にはたっぷりとエネルギーが蓄えられているということが分かります。
玄米が健康にいいということが分かってもらえたと思います。

 <  前の記事 陰と陽の食事とは  |  トップページ  |  次の記事 伝統食である玄米  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6295

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。