Top >  自然食とは >  「陰」と「陽」の見分け方とは

「陰」と「陽」の見分け方とは

前回、陰・陽の食事で健康になるための方法について紹介しました。
玄米を中心とした食事を心がけてその他のおかずで陰陽のバランスを上手に取るのが良かったのですよね。
今回は、食物における「陰」と「陽」の見分け方について紹介していきましょう。
「陰」と「陽」の見分け方については、以下説明の通りです。です。
①「カリウム」と「ナトリウム」の陰と陽:人間の体の細胞の「カリウム」と「ナトリウム」の自然で体に一番優しいという比率は5:1であり、この比率で食事をとることが理想とされています。
この比率の食物といえばまさに玄米であるため、重要視されているのです。
「陰」がカリウムがで、「陽」陰、陽の食事で健康になるのです。がナトリウムです。
②葉のものと根のものの陰と陽:「陰」は地上に実るもの、また温暖な気候でとれる育ちが早く水分の多い葉もののことで南の地方のものなのです。
「陽」が地中に実る、寒冷な気候でゆっくりと育つ水分の少ない根菜です。
これは、北の地方のものなのです。

 <  前の記事 生活習慣病と陽と陰の関係とは  |  トップページ  |  次の記事 玄米とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6292

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。