Top >  自然食とは >  東洋の考え方の陽と陰とは

東洋の考え方の陽と陰とは

前回は、「マクロビオティック」の食事について紹介しましたね。
マクロビオティックは健康と綺麗になるための食事法のことです。
マクロビオティックのいいところは、何と言っても気持ちが落ち着くようになるところでしょう。
さて、今回から「陰」と「陽」いう東洋の考え方について紹介していきましょう。
東洋の考え方の一つに「陰」と「陽」というものがあります。
物事には食事はもちろんのこと、人間の性格や病気・歴史や地理に至るまですべて何にでも陰と陽があるのです。
「健康」と「幸福」欠かせないためには、この陰と陽を理解することでバランスを上手に保つことです。
実はこの「陽」は、肉体的なので、「健康」となり「陰」は精神的なので「幸福」と分けることが出来るのです。
何故このようにわけるのでしょうか。
何故なら「幸福」の「幸」は精神安定を意味する「陰」、「福」は物質を意味する「陽」となるからなのです。
ここではすべての人が願う「健康」と「幸福」というこですから、これがどう食生活が大切なのかを「陰」と「陽」という面から考えてみることにしましょう。

 <  前の記事 マクロビオティックの食事スタイルとは  |  トップページ  |  次の記事 生活習慣病と陽と陰の関係とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6290

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。