Top >  自然食とは >  マクロビオティックの食事法とは

マクロビオティックの食事法とは

前回、マクロビオティックについて簡単に紹介しました。
マクロビオティック一般的な治療法や民間療法というわけではないと紹介しましたね。
それでは、次に具体的な「マクロビオティック」食事法についてです。
マクロビオティックの基本は、「穀物」です。
食事全体の最低60%は穀物となります。
そして穀物以外の食物を陰性・陽性にかかわらず、少量をバランスよく注意しながら食べます。
穀物を補うものとして「野菜」は、量も回数も少なくします。
「魚介類」はさらに頻度を下げます。
さらに頻度を下げるのは、「肉類・乳製品・飲料・果実」です。最も回数も少なくしなくてはなりません。
飲み物はすべて、1日あたり240mlにおさえるよう心がけましょう。
こうしてみると「マクロビオティック」は規則にしばられる固いイメージを持つと思います。
けれど「マクロビオティック」のいいところは、健康的なバランスを維持するためにということです。

 <  前の記事 マクロビオティックとは  |  トップページ  |  次の記事 マクロビオティックの食事スタイルとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6288

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「自然食 ~マクロビオティックなどで健康な体のために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。